2018年02月27日

新生活が始まる季節ですね!


こんにちは、こたにです!
2月も明日で終わります。

だんだんと早期の入退居のお電話がかかってきています。
新生活が始まる、もう、そんな時期なのですね…。


お引越しの準備やお部屋の契約や電気と水道と引越し屋さんと…お忙しいとは思いますが、
ガスのお引越しもお忘れなく!!!

ガスも開栓・閉栓を行います。
どちらもお立合いが必要となります。



本日はガスの入居・退居時の流れについてご説明します。


●入居

ご入居の際は、皆様に安心してガスをご使用いただけるように、ガス漏れ・ガス器具の点検を行います。お客様の立ち合いが必要となりますのでご協力をお願いいたします。
開栓・点検・手続きには30分程度お時間を頂きます。


まずはご入居の日時が決まりましたら、ご連絡ください。

 ・ご入居先の住所
 ・お名前
 ・お電話番号
 ・ご希望の日時

こちらをお申し付け下さい。

また、お電話を頂いた際に毎月のガス料金のお支払方法をお知らせ頂くと当日のお手続きがスムーズに進みます。お決まりでしたらお知らせください。

支払方法は下記の2種類からお選びいただけます。
 ・自動引落(伊予銀行・愛媛銀行・愛媛信用金庫・ゆうちょ銀行)
 ・クレジットカード決済

お立会い時の準備物等が必要な場合はお電話頂いた際にお伝えいたします。



●退居

ご退居の際は、お引越し当日までの料金の精算後、閉栓を行います。
精算は 現金のみ となります。
お手数ですが、ご準備をお願いいたします。
閉栓と精算には5〜10分程度お時間を頂きます。


※3月4月は大変込み合います。また、日曜日・祝日は当番1人での対応となりますのでご希望の日時に添えない場合もございます。日時が決まりましたら、なるべくお早目にご連絡ください。


お引越しに関わらず
ご不明な点等ありましたら、お気軽にお電話ください。


株式会社丸源ガス
☎089-924-1877


新生活に向けてのご準備、大変だとは思いますが、
頑張ってくださいね!!






posted by 株式会社 丸源ガス at 13:08| 愛媛 ☀| Comment(0) | LPガス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

凍結対策できていますか?


こんにちは。
寒い日が続きますね。
寒いを通り越して、痛いくらいです。

ここ数日、深夜の気温は氷点下を下回り、
給湯器の凍結や凍結による水漏れがたくさん発生しています。


皆様、給湯器の凍結対策は出来ていますでしょうか?

マイナス4℃以下になると水道管が凍結すると言われておりますが、
気温があまり低くなくても、風が吹き付ける場所や日の当たらない場所などは凍結しやすくなります。

来週も少し気温が低いみたいですね。
しっかりと凍結対策をしておく方が良いみたいです。


給湯器の凍結対策についてはこちら↓を参考にしてください。
http://marugen-gas.seesaa.net/article/456600327.html

ご不安な場合や、やり方がわからいない・・・という場合は、
お気軽に丸源ガスまでご連絡ください!

凍結してしまうと、
水漏れしたり、給湯器本体ごと交換・・・となる事も多いです
そんなことになる前に、まずは対策をしましょう!


給湯器凍結以外でも、ご不安なことやご不便なことがございましたら、
丸源ガスまでご相談下さいね。


株式会社丸源ガス
☎089-924-1877


posted by 株式会社 丸源ガス at 11:31| 愛媛 ☀| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

給湯器の凍結防止策


こんにちは
寒い日がずっと続きますね。

今日の朝はみぞれが降っていましたね。
来週はまたグッと冷え込むみたいです・・・。

寒くなると、雪が降って交通に支障が出たりと
心配になりますが、
ガス屋として心配なのは給湯器の凍結です!!

給湯器が凍結してしまうと、溶けるまでお湯が出ないだけでなく、
水道管が破裂して水漏れしたり、給湯器が故障したりする場合もあります。

気温がマイナス4℃以下になると凍結すると言われています。
また、風が吹き付ける場所になるとマイナス4℃以下にならなくても凍結する恐れがあるそうです。

冷え込む日の夜は、給湯器の凍結対策をしましょう。
その凍結対策の方法をご紹介します。


対策@
給湯器の電源プラグを抜かない

最近の給湯器には凍結防止ヒーターや循環ポンプなどを備えています。
「電気代がもったいないから」と思って電源プラグを抜いてしまうと
凍結防止装置まで作動しなくなってしまいます。


対策A
運転スイッチを切って、水を細く出しっぱなしにしておく


凍結防止装置のついていない給湯器をお使いの場合は、
夜間に運転スイッチを切り、水を細く出しっぱなしにしておきます。
水は流れていると凍結しにくくなります。
目安はぽたぽた落ちるよりも少し多いくらいです。
また、追い炊き機能付きの給湯器の場合は循環アダプターより5センチ以上
上までお湯をはっておきます。そうすることで、自動的にお湯が循環して
凍結防止になります。


対策B
水道管を保温する


給湯器内部の凍結が防げても、周りにある水道管が凍結してしまいます。
特に給湯器に給水している水道管は冷たい水が通り、さらに外に露出しているため、
凍結しやすくなります。
水道管には保温材(発泡スチロール)をまいてビニールテープで覆っておくと凍結しにくくなります。


awx.jpg



何かわからないことや、ご不安な点がございましたら、
お気軽に丸源ガスにご相談下さい。

しっかりと対策をして、寒い日もトラブルなく、乗り越えましょう!!

posted by 株式会社 丸源ガス at 18:26| 愛媛 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする