2018年02月01日

給湯器の凍結防止策


こんにちは
寒い日がずっと続きますね。

今日の朝はみぞれが降っていましたね。
来週はまたグッと冷え込むみたいです・・・。

寒くなると、雪が降って交通に支障が出たりと
心配になりますが、
ガス屋として心配なのは給湯器の凍結です!!

給湯器が凍結してしまうと、溶けるまでお湯が出ないだけでなく、
水道管が破裂して水漏れしたり、給湯器が故障したりする場合もあります。

気温がマイナス4℃以下になると凍結すると言われています。
また、風が吹き付ける場所になるとマイナス4℃以下にならなくても凍結する恐れがあるそうです。

冷え込む日の夜は、給湯器の凍結対策をしましょう。
その凍結対策の方法をご紹介します。


対策@
給湯器の電源プラグを抜かない

最近の給湯器には凍結防止ヒーターや循環ポンプなどを備えています。
「電気代がもったいないから」と思って電源プラグを抜いてしまうと
凍結防止装置まで作動しなくなってしまいます。


対策A
運転スイッチを切って、水を細く出しっぱなしにしておく


凍結防止装置のついていない給湯器をお使いの場合は、
夜間に運転スイッチを切り、水を細く出しっぱなしにしておきます。
水は流れていると凍結しにくくなります。
目安はぽたぽた落ちるよりも少し多いくらいです。
また、追い炊き機能付きの給湯器の場合は循環アダプターより5センチ以上
上までお湯をはっておきます。そうすることで、自動的にお湯が循環して
凍結防止になります。


対策B
水道管を保温する


給湯器内部の凍結が防げても、周りにある水道管が凍結してしまいます。
特に給湯器に給水している水道管は冷たい水が通り、さらに外に露出しているため、
凍結しやすくなります。
水道管には保温材(発泡スチロール)をまいてビニールテープで覆っておくと凍結しにくくなります。


awx.jpg



何かわからないことや、ご不安な点がございましたら、
お気軽に丸源ガスにご相談下さい。

しっかりと対策をして、寒い日もトラブルなく、乗り越えましょう!!

posted by 株式会社 丸源ガス at 18:26| 愛媛 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする